エアコン取り付けは寿命を考え価格が安いときを狙う

暑い夏でも寒い冬でも、エアコンさえあれば、部屋の中は快適な状態を作り出せることができます。それだけ当たり前のように使われるようになってきたエアコンだけに、ないということは考えられないでしょう。故障した時でも、すぐに何とか直したいと考えるのが当然です。ですが、繁忙期になると、修理といっても簡単には呼べないことも出てきます。待ち切れずに交換するといった選択肢さえ生まれてくるでしょう。

交換ともなってくれば、本体の価格だけではなく、エアコン取り付けにも費用がかかります。それも繁忙期になれば、かなりの時間をまたされることにもなるはずですし、価格的にも高くなっていることも考えられるでしょう。その間をどうやって過ごすのかということにもつながってくるため、今あるエアコンは、いったいいつまで使えるのか、寿命を考えておくことが必要です。価格的なことを考えても、安い時期を狙って購入するという選択が出てくるのですから、節約のためにも抑えておくべきポイントになってきます。

エアコンの寿命は

エアコンエアコンの寿命を考えると、実は確認できるようになっています。設計上の標準使用期間と呼ばれているもので、経済産業省が寿命年数として公開されています。改正消費生活用製品安全法などによって、メーカーが算出することになりました。使用条件や環境といったことも考え、パーツの耐久性などからも割り出されているもので、科学的試験もおこなって算出しています。日本の主要メーカーはすべて出しているので、確認してみるといいでしょう。

一般的なエアコンの寿命は、だいたい10年と考えることができます。ほとんどの機種がこの期間に収まってくるため、交換するときの予測にはなってくるでしょう。ですが、自分のところのエアコンが、いつ作られたのかはよくわからないものです。そんな時には、本体の底面を見ると、基本スペックや型番とともに、設計上標準使用期間も記載されています。2007年以降の機種であれば、確認することができるでしょう。

エアコン自体は決して安いものではなく、かなりの価格になってくるものです。交換の予定を考えて安い時を狙うというのもひとつですが、寿命を超えても使えるかどうかがポイントでしょう。標準使用期間は、あくまでも設計上の話です。これを超えたらいきなり壊れるわけではなく、まだまだ使えることも出てきます。ですが、故障する可能性が高まっていくのは間違いありません。その時に修理できるパーツがあるかどうかという面でも、10年はひとつの境目です。かなりの価格ではありますが、電気代を考えても最新型を検討してみるものひとつでしょう。

価格も下がってきているエアコンと消費電力の推移

エアコンは、どんどんと省エネ化してきています。消費電力を抑えながら、高い効率化できるようになったためです。標準使用期間を過ぎたあたりで交換を考えてみると、価格的にみても効率の良いことであるのが見えてきます。もちろん、エアコン取り付け工事費も考えなければいけませんが、それでも大幅に電気代が下がっていくからです。実際にさまざまな指標も公開されているため、検討してみると違いがわかります。

そのひとつとして、資源エネルギー庁などが出している消費電力データなどで見ると、10年前のエアコンと比較してみると、10%以上の消費電力の差が出てきていることがわかります。さらに20年前を見ると、40%以上も違いがあるのです。実際に使われている時間は、20年前よりもはるかに長くなってきているでしょう。その中で、これだけの消費電力さが出てきていることを考えると、効率は大きな差があるでしょう。価格を考えても、かなり安価になってきていますので、繁忙期を外して交換を考えてみるのもポイントです。


~関連記事~

  1. エアコン取り付け工事の依頼の際に踏まえておくべき点
  2. エアコン取り付け時に考えておくべきオプションの機能
  3. エアコン取り付け時の化粧カバーのメリット

エアコン取り付け時の化粧カバーのメリット

生活に欠かせない家電製品のひとつにエアコンがありますが、エアコン取り付けの際に化粧カバーの取り付けを行うことがあります。化粧カバーを取り付けないケースもありますので、化粧カバーをご存じない方も多いことでしょう。化粧カバーの取り付けはエアコン取り付け作業の際にオプションとなりますので、取り付けない家庭も多いのです。もちろん、全ての家庭に化粧カバーが必要なわけではありませんので、意識したことの無い方も多いことでしょう。エアコン取り付けの際に化粧カバーを取り付ける方は1割未満ですが、そこにはさまざまなメリットがあるのです。こちらでは化粧カバーのメリットをご紹介いたしますので、興味を持った方は取り付けてください。

化粧カバーとはどういったものか

化粧カバーエアコンの取り付けには工事が必要になりますが、その工程のひとつとして壁の穴あけがあります。この穴にはドレンホースや冷媒管などのパイプを通し、これによって室内のエアコンと室外機をつなぐのです。この穴はどうしてもエアコンと室外機から離れているものなので、パイプが露出してしまうのです。

この露出したパイプがみっともないことから、パイプをカバーで覆うことがあります。このカバーを化粧カバーと呼ぶのです。しかし、この化粧カバーの取り付けは標準のコウジセットに含まれていませんので、取り付ける場合はオプションとなっています。そして、化粧カバーを取り付けない場合はパイプを配管テープで巻き付けますが、この状態でもエアコンの使用は問題ありません

パイプの見栄えを良くする効果

エアコンは室内機と室外機をつなぐパイプがありますが、そこに化粧カバーを取り付けることがあります。この化粧カバーのメリットは見栄えを良くすることでしょう。室内機は部屋から丸見えとなっていますので、パイプが見えた状態は見栄えが悪くなってしまいます。しかし、化粧カバーを取り付けることでパイプを隠して見栄えを良くすることが出来るのです

そして、2階にエアコンを設置する場合には室外機が1階に設置されることがあり、このような状態ですと長いパイプをつなげることになります。パイプを配管テープで巻くのですが配管テープは白ですので、外壁とのカラーリングがマッチしないこともあるのです。パイプが目立つと見栄えが悪くなりますが、化粧カバーは種類が豊富なので外壁に合わせて選ぶことが出来ます

パイプの劣化を防ぐ効果も

化粧カバーによってパイプに見栄えを良くすることが出来ますが、そのほかにもメリットがあります。室外機のパイプは日光や雨風にさらされているのですぐに劣化してしまいますが、化粧カバーであれば劣化を防ぐことが出来るのです。もちろん配管テープでも劣化を防ぐことが出来ますが、年月を重ねることで配管テープは破れや剥がれを起こしてしまいますので、いずれ劣化してしまいます。

配管テープが破れてしまうとパイプに直接雨風が当たりますので、エアコンの本来の性能が発揮出来なくなってしまうのです。そして、これによって電力効率も悪くなり、電気代もかかってしまいます。

しかし、毛使用カバーは配管テープよりも丈夫ですので、数年で劣化する心配がありません。長期的に安心してエアコンを使うために化粧カバーは欠かせないでしょう。

まとめ

エアコンは室内機と室外機をつなぐパイプがありますが、パイプに配管テープを巻いただけでは見栄えが悪くなります。そのため、化粧カバーを取り付けることで見栄えを良くすることが出来るのです。さらに、化粧カバーを取り付けることでパイプの劣化を防ぐことが出来ます。パイプが劣化すると性能が低下して電力効率も悪くなるのです。


~関連記事~

  1. エアコン取り付け工事の依頼の際に踏まえておくべき点
  2. エアコン取り付け時に考えておくべきオプションの機能
  3. エアコン取り付けは寿命を考え価格が安いときを狙う

エアコン取り付け時に考えておくべきオプションの機能

家電製品は、日進月歩の勢いで進化していきます。エアコンもそのひとつで、これまでには考えられなかったような機能も持つようになりました。最新の機種では、電気の消費量もかなり抑えられており、新品のエアコン取り付けを考えるポイントにもなってきています。古い機種と比べると、かなりの差になってきていることもあり、省エネを考えているときにはかなりのメリットになってくるでしょう。

機能というところでは、冷房と暖房、除湿の3つが基本になってきます。これだけあればいいと思っている人も少なくありませんが、もっと多くのオプション機能を持つようになりました。壁掛けか天井接地型かによっても違いがありますが、便利なだけではなく、必要以上の電力消費を起こさないようにできるメリットもあるのです。エアコン取り付けを考えているときには、費用的なことも大切ではありますが、オプション機能も考えておくと間違いありません。

数多く存在するオプション機能

エアコンのオプション機能は、本当にさまざまなものがつくようになりました。今では当たり前のように使われている空金洗浄機の機能を持っているものも増えています。花粉症は、すでに国民病といわれるようになってきており、対策はどこでも撮るようになってきているでしょう。花粉だけではなく、カビや菌なども除去できるようになってきており、エアコンを使わないような時期であっても使っていくことができるようになっています

業務用では一般的となってきているのが、加湿機能でしょう。エアコンのオプション機能として重要なのは、オフィスのような大人数が集まるところでの使用でしょう。室内が乾燥すると、インフルエンザをはじめとしたウイルスが活性化することがわかっています。もしも、ひとり感染すれば、オフィス全体で影響を及ぼすことも出てくるでしょう。静電気の発生がOA危機に影響を与えるようなことも出てくるため、オフィス用としては重要な意味を持っています。

同様に、カビや菌の繁殖の問題も見逃せる部分ではありません。もしも、エアコンの内部で繁殖してしまえば、快適な環境を作るつもりで使っているのにもかかわらず、拡散することにもなってくるでしょう。そこで、送風で乾燥させて、カビなどを繁殖させないオプション機能もあります。除菌もできるようなものもあるため、こうした機能を備えている機種にすることによって、快適な環境を作ることができるでしょう。

フィルターやセンサーによってさらに快適に

フィルターエアコンのフィルターのオプションとして、光再生脱臭フィルターなどもあります。便利なものですが、光触媒を使って脱臭してくれるフィルターで、エアコンのフィルターとして3年程度のライフサイクルも持っているのが特徴です。かたちさえ合えばだれにでも交換できるものですが、臭いが気になるようなときだけではなく、リビングなど人が集まりやすいところには有効になってくるでしょう。煙草を吸う人も有効なフィルターになります。

エアコンの機能として、活用されてきているのは、センサー機能といえるでしょう。センサーを搭載していることによって、必要なところに風を送ることができるようになっています。人を感知するようになると、必要以上に運転させずに済むようになり、省エネ効果を生み出すことが可能です。人がいないときには、最低限の運転となってくるため、連続運転でも電気代を抑えることができるでしょう。

エアコン取り付けの場合にもさまざまなオプションがあったりもしますが、エアコン本体の機能もいろいろと考えておくと失敗がありません。特に業務用のものになると、多くのオプションが存在しています。快適な環境を作ることが、業務効率にも大きな影響を与えることを考えれば、オプションは検討しておくべきポイントになってくるでしょう。


~関連記事~

  1. エアコン取り付け工事の依頼の際に踏まえておくべき点
  2. エアコン取り付け時の化粧カバーのメリット
  3. エアコン取り付けは寿命を考え価格が安いときを狙う

エアコン取り付け工事の依頼の際に踏まえておくべき点

エアコン取り付けは自分ではなかなか難しいことがあります。専門的な知識や技術がなければエアコンの取り付けをスムーズに行うことはできないでしょう。そのような時に設置業者に依頼することがあります。しかしいくつかの点を踏まえておかないと依頼する際に損をしてしまうかもしれません。そこでエアコンの取り付けを依頼する際に覚えておくべき点をご紹介します。

エアコンの取り付けの際にかかる追加費用

エアコンの取り付けの際に最初の基本的な工事の見積もりよりも、さらに追加して部品や工事をしなければいけないと言われることがあります。専門的な知識がなければ取り付け業者の言うことはすべて信じてしまうかもしれませんが、全てが必ずしも必要なわけではありませんのでよく冷静に考えることが必要です。配管の長さが足りないという場合は、家の構造にもよるので買い替えをしなければいけないことがあるでしょう。しかし配管が劣化しているために交換をしなければいけないと言われる場合本当に交換が必要な劣化なのかどうかを自分自身でも判断すると良いでしょう。エアコンの配管を取り替えなければいけないような劣化がある状態というのは亀裂が入ってしまったりひび割れがひどかったりする場合です。そのような目に見える症状があればガス漏れ起こしてしまう可能性が非常に高くなるため交換が必要です。しかし単純に何年も使っているから交換する必要があるという説明の場合、必ずしも配管にダメージがあるというわけではありませんのでそのまま使用できることも少なくありません。配管を取り替えなければいけないと言われた場合は具体的にどのような症状が現在あるのかという点をしっかりと確認すると良いでしょう。

エアコンがなかなか冷えない時の対処方法

せっかくエアコンを取り付けてもなかなか冷えないということがあります。暑い夏を乗り切るためにエアコンをつけてもなかなか冷えないのでは全く意味がありません。それはエアコンの設置場所が部屋全体を冷やすために適していないということも考えられます。またもっと根本的な理由としてガス漏れが起こっているということもあり得るのです。設置業者の中にはガス補充をしなければならないと追加費用を請求してくる可能性もあります。

費用しかし移設工事のタイミングでガス補充をしなければいけないというわけではありません。しっかりとポンプダウンという作業を行えばガス補充をしなくても移設工事は可能です。そのため移設工事をするためにガス補充が行わなければいけないという業者はあまり信用できる業者ではないかもしれません。しかしながら本当にエアコンの効きが悪い場合はガス漏れをしている可能性が非常に高いため室外機の配管接続部を確認してみましょう。配管接続部に霜がついている場合にはガス漏れをしている可能性がありますのでガス補充を行う必要がありますし、漏れないための工夫を行うことも必要でしょう。

このようにある程度の知識を持っているとエアコンの取り付け工事を依頼する際にも損をすることなく取り付けることができます。追加料金は設置業者にとってはそのぶん利益に直結するところですので、何かと理由をつけて追加工事を提案してくるかもしれません。その場合本当に必要な工事かどうか見分けるのは自分自身の判断しかありませんので、実際に取り付け工事を行えないとしてもエアコンの基本的な構造や、なぜ追加工事を必要と言ってくるのかというしっかりとした理由を取り付け業者に確認することにしましょう。こうした基本的な事柄を踏まえておくと、エアコンをより効率の良い場所に設置することができ、なおかつ信頼のできる取り付け業者を見つける際にも役立つことでしょう。


~関連記事~

  1. エアコン取り付け時に考えておくべきオプションの機能
  2. エアコン取り付け時の化粧カバーのメリット
  3. エアコン取り付けは寿命を考え価格が安いときを狙う