エアコン取り付け工事の依頼の際に踏まえておくべき点

エアコン取り付けは自分ではなかなか難しいことがあります。専門的な知識や技術がなければエアコンの取り付けをスムーズに行うことはできないでしょう。そのような時に設置業者に依頼することがあります。しかしいくつかの点を踏まえておかないと依頼する際に損をしてしまうかもしれません。そこでエアコンの取り付けを依頼する際に覚えておくべき点をご紹介します。

エアコンの取り付けの際にかかる追加費用

エアコンの取り付けの際に最初の基本的な工事の見積もりよりも、さらに追加して部品や工事をしなければいけないと言われることがあります。専門的な知識がなければ取り付け業者の言うことはすべて信じてしまうかもしれませんが、全てが必ずしも必要なわけではありませんのでよく冷静に考えることが必要です。配管の長さが足りないという場合は、家の構造にもよるので買い替えをしなければいけないことがあるでしょう。しかし配管が劣化しているために交換をしなければいけないと言われる場合本当に交換が必要な劣化なのかどうかを自分自身でも判断すると良いでしょう。エアコンの配管を取り替えなければいけないような劣化がある状態というのは亀裂が入ってしまったりひび割れがひどかったりする場合です。そのような目に見える症状があればガス漏れ起こしてしまう可能性が非常に高くなるため交換が必要です。しかし単純に何年も使っているから交換する必要があるという説明の場合、必ずしも配管にダメージがあるというわけではありませんのでそのまま使用できることも少なくありません。配管を取り替えなければいけないと言われた場合は具体的にどのような症状が現在あるのかという点をしっかりと確認すると良いでしょう。

エアコンがなかなか冷えない時の対処方法

せっかくエアコンを取り付けてもなかなか冷えないということがあります。暑い夏を乗り切るためにエアコンをつけてもなかなか冷えないのでは全く意味がありません。それはエアコンの設置場所が部屋全体を冷やすために適していないということも考えられます。またもっと根本的な理由としてガス漏れが起こっているということもあり得るのです。設置業者の中にはガス補充をしなければならないと追加費用を請求してくる可能性もあります。

費用しかし移設工事のタイミングでガス補充をしなければいけないというわけではありません。しっかりとポンプダウンという作業を行えばガス補充をしなくても移設工事は可能です。そのため移設工事をするためにガス補充が行わなければいけないという業者はあまり信用できる業者ではないかもしれません。しかしながら本当にエアコンの効きが悪い場合はガス漏れをしている可能性が非常に高いため室外機の配管接続部を確認してみましょう。配管接続部に霜がついている場合にはガス漏れをしている可能性がありますのでガス補充を行う必要がありますし、漏れないための工夫を行うことも必要でしょう。

このようにある程度の知識を持っているとエアコンの取り付け工事を依頼する際にも損をすることなく取り付けることができます。追加料金は設置業者にとってはそのぶん利益に直結するところですので、何かと理由をつけて追加工事を提案してくるかもしれません。その場合本当に必要な工事かどうか見分けるのは自分自身の判断しかありませんので、実際に取り付け工事を行えないとしてもエアコンの基本的な構造や、なぜ追加工事を必要と言ってくるのかというしっかりとした理由を取り付け業者に確認することにしましょう。こうした基本的な事柄を踏まえておくと、エアコンをより効率の良い場所に設置することができ、なおかつ信頼のできる取り付け業者を見つける際にも役立つことでしょう。


~関連記事~

  1. エアコン取り付け時に考えておくべきオプションの機能
  2. エアコン取り付け時の化粧カバーのメリット
  3. エアコン取り付けは寿命を考え価格が安いときを狙う