エアコン取り付け時に考えておくべきオプションの機能

家電製品は、日進月歩の勢いで進化していきます。エアコンもそのひとつで、これまでには考えられなかったような機能も持つようになりました。最新の機種では、電気の消費量もかなり抑えられており、新品のエアコン取り付けを考えるポイントにもなってきています。古い機種と比べると、かなりの差になってきていることもあり、省エネを考えているときにはかなりのメリットになってくるでしょう。

機能というところでは、冷房と暖房、除湿の3つが基本になってきます。これだけあればいいと思っている人も少なくありませんが、もっと多くのオプション機能を持つようになりました。壁掛けか天井接地型かによっても違いがありますが、便利なだけではなく、必要以上の電力消費を起こさないようにできるメリットもあるのです。エアコン取り付けを考えているときには、費用的なことも大切ではありますが、オプション機能も考えておくと間違いありません。

数多く存在するオプション機能

エアコンのオプション機能は、本当にさまざまなものがつくようになりました。今では当たり前のように使われている空金洗浄機の機能を持っているものも増えています。花粉症は、すでに国民病といわれるようになってきており、対策はどこでも撮るようになってきているでしょう。花粉だけではなく、カビや菌なども除去できるようになってきており、エアコンを使わないような時期であっても使っていくことができるようになっています

業務用では一般的となってきているのが、加湿機能でしょう。エアコンのオプション機能として重要なのは、オフィスのような大人数が集まるところでの使用でしょう。室内が乾燥すると、インフルエンザをはじめとしたウイルスが活性化することがわかっています。もしも、ひとり感染すれば、オフィス全体で影響を及ぼすことも出てくるでしょう。静電気の発生がOA危機に影響を与えるようなことも出てくるため、オフィス用としては重要な意味を持っています。

同様に、カビや菌の繁殖の問題も見逃せる部分ではありません。もしも、エアコンの内部で繁殖してしまえば、快適な環境を作るつもりで使っているのにもかかわらず、拡散することにもなってくるでしょう。そこで、送風で乾燥させて、カビなどを繁殖させないオプション機能もあります。除菌もできるようなものもあるため、こうした機能を備えている機種にすることによって、快適な環境を作ることができるでしょう。

フィルターやセンサーによってさらに快適に

フィルターエアコンのフィルターのオプションとして、光再生脱臭フィルターなどもあります。便利なものですが、光触媒を使って脱臭してくれるフィルターで、エアコンのフィルターとして3年程度のライフサイクルも持っているのが特徴です。かたちさえ合えばだれにでも交換できるものですが、臭いが気になるようなときだけではなく、リビングなど人が集まりやすいところには有効になってくるでしょう。煙草を吸う人も有効なフィルターになります。

エアコンの機能として、活用されてきているのは、センサー機能といえるでしょう。センサーを搭載していることによって、必要なところに風を送ることができるようになっています。人を感知するようになると、必要以上に運転させずに済むようになり、省エネ効果を生み出すことが可能です。人がいないときには、最低限の運転となってくるため、連続運転でも電気代を抑えることができるでしょう。

エアコン取り付けの場合にもさまざまなオプションがあったりもしますが、エアコン本体の機能もいろいろと考えておくと失敗がありません。特に業務用のものになると、多くのオプションが存在しています。快適な環境を作ることが、業務効率にも大きな影響を与えることを考えれば、オプションは検討しておくべきポイントになってくるでしょう。


~関連記事~

  1. エアコン取り付け工事の依頼の際に踏まえておくべき点
  2. エアコン取り付け時の化粧カバーのメリット
  3. エアコン取り付けは寿命を考え価格が安いときを狙う