エアコン取り付け時の化粧カバーのメリット

生活に欠かせない家電製品のひとつにエアコンがありますが、エアコン取り付けの際に化粧カバーの取り付けを行うことがあります。化粧カバーを取り付けないケースもありますので、化粧カバーをご存じない方も多いことでしょう。化粧カバーの取り付けはエアコン取り付け作業の際にオプションとなりますので、取り付けない家庭も多いのです。もちろん、全ての家庭に化粧カバーが必要なわけではありませんので、意識したことの無い方も多いことでしょう。エアコン取り付けの際に化粧カバーを取り付ける方は1割未満ですが、そこにはさまざまなメリットがあるのです。こちらでは化粧カバーのメリットをご紹介いたしますので、興味を持った方は取り付けてください。

化粧カバーとはどういったものか

化粧カバーエアコンの取り付けには工事が必要になりますが、その工程のひとつとして壁の穴あけがあります。この穴にはドレンホースや冷媒管などのパイプを通し、これによって室内のエアコンと室外機をつなぐのです。この穴はどうしてもエアコンと室外機から離れているものなので、パイプが露出してしまうのです。

この露出したパイプがみっともないことから、パイプをカバーで覆うことがあります。このカバーを化粧カバーと呼ぶのです。しかし、この化粧カバーの取り付けは標準のコウジセットに含まれていませんので、取り付ける場合はオプションとなっています。そして、化粧カバーを取り付けない場合はパイプを配管テープで巻き付けますが、この状態でもエアコンの使用は問題ありません

パイプの見栄えを良くする効果

エアコンは室内機と室外機をつなぐパイプがありますが、そこに化粧カバーを取り付けることがあります。この化粧カバーのメリットは見栄えを良くすることでしょう。室内機は部屋から丸見えとなっていますので、パイプが見えた状態は見栄えが悪くなってしまいます。しかし、化粧カバーを取り付けることでパイプを隠して見栄えを良くすることが出来るのです

そして、2階にエアコンを設置する場合には室外機が1階に設置されることがあり、このような状態ですと長いパイプをつなげることになります。パイプを配管テープで巻くのですが配管テープは白ですので、外壁とのカラーリングがマッチしないこともあるのです。パイプが目立つと見栄えが悪くなりますが、化粧カバーは種類が豊富なので外壁に合わせて選ぶことが出来ます

パイプの劣化を防ぐ効果も

化粧カバーによってパイプに見栄えを良くすることが出来ますが、そのほかにもメリットがあります。室外機のパイプは日光や雨風にさらされているのですぐに劣化してしまいますが、化粧カバーであれば劣化を防ぐことが出来るのです。もちろん配管テープでも劣化を防ぐことが出来ますが、年月を重ねることで配管テープは破れや剥がれを起こしてしまいますので、いずれ劣化してしまいます。

配管テープが破れてしまうとパイプに直接雨風が当たりますので、エアコンの本来の性能が発揮出来なくなってしまうのです。そして、これによって電力効率も悪くなり、電気代もかかってしまいます。

しかし、毛使用カバーは配管テープよりも丈夫ですので、数年で劣化する心配がありません。長期的に安心してエアコンを使うために化粧カバーは欠かせないでしょう。

まとめ

エアコンは室内機と室外機をつなぐパイプがありますが、パイプに配管テープを巻いただけでは見栄えが悪くなります。そのため、化粧カバーを取り付けることで見栄えを良くすることが出来るのです。さらに、化粧カバーを取り付けることでパイプの劣化を防ぐことが出来ます。パイプが劣化すると性能が低下して電力効率も悪くなるのです。


~関連記事~

  1. エアコン取り付け工事の依頼の際に踏まえておくべき点
  2. エアコン取り付け時に考えておくべきオプションの機能
  3. エアコン取り付けは寿命を考え価格が安いときを狙う